ダイナミックプライシングコンサルティング | ダイナミックプライシングテクノロジー

コンサルティング コンサルティング

ダイナミックプラインシングコンサルティングでは、お客さまの持つ問題をダイナミックプライシングで解決できるか、ヒアリングを交えてダイナミックプライシングに対する理解を促進します。そして、適切な課題を設定し、導入に向けての要件を定義します。

ダイナミックプライシング導入の流れ

  • 課題設定
  • 要件定義
ダイナミックプライシング コンサルティング
お客さまの持つ問題をダイナミックプライシングで解決できるか、ヒアリングを交えてダイナミックプライシングに対する理解を促進します。そして、適切な課題を設定し、導入に向けての要件を定義します。
  • PoC
  • システム実装
ダイナミックプライシング 受託開発
定義した要件をもとに、AIを活用したダイナミックプライシングシステムを開発します。まずPoC(概念検証)フェーズで方向性を探り、次に現場で運用できるシステムを開発します。

ダイナミックプライシング コンサルティングの流れ

課題設定

現状の姿とあるべき姿のギャップから課題を設定します。

AIが過去データをもとに価格を決め、自動で価格を変動させている。経験値に関係なく、同一商品に最適な価格を一意に決められる。

現状の姿とあるべき姿のギャップ

過去の経験則をもとに価格を決め、人手で変動させている。経験値によって価格に差が生じ、同一商品でも価格のばらつきが大きくなる。

要件定義

ダイナミックプライシングで解決できる課題を選択し、解決のための要件を定義します。

  • エンドユーザにどのような価値を提供したいのか?
  • どのようなダイナミックプライシングモデルを作成するのか?
  • どのようにデータを取得するのか?

・・・などなど

ダイナミックプライシング キャンバスの作成

お客様の持つ問題をダイナミックプライシングで解決できるか、ヒアリングを交えてダイナミックプライシングに対する理解を促進します。そして、適切な課題を設定し、導入に向けての要件を定義します。

これまでの内容を1枚のシートにまとめ、開発の方針を固めます。

ダイナミックプライシングキャンバス
ダイナミックプライシング キャンバス

EXAMPLE取組事例

取り組み事例は随時公開予定

ダイナミックプライシングとは?

ダイナミックプライシングとは

ダイナミックプライシングとは

ダイナミックプライシングとは需要と供給に応じて動的に価格を変更することです。

例えばホテルでは土曜日の宿泊料は平日火曜日と比較して高くなる傾向があります。また、飛行機の航空券の場合だと、ゴールデンウィークや年末年始のチケット代は高騰しがちです。これはホテルの部屋数や飛行機の座席数の供給量に対して、利用者の需要量が多い場合に起きます。

ダイナミックプライシングではこのように需要過多時は通常価格より値上げして利益を最大化します。翻って、部屋や座席が余り供給過多の場合、値下げして供給量を増加させて利益アップを目指します。

このように需給バランスに応じて価格を動的に変動することをダイナミックプライシングと言います。

CONTACTお問合せ

ダイナミックプライシングのテクノロジー及び
ダイナミックプライシングのツール導入に関しての
お問合せ・ご相談はこちらから。